体験レッスンご希望の方はこちらから

急がば、回れ

【2022年5月21日配信】

Grace of Senseの中で
ブルース先生が引用された言葉、

~~~
The longest way round is the shortest way home.
長い道のりは、最短の帰路である
~~~

みなさんは、これを読んで
どんな思いが浮かびますか?

ブルース先生は、教えることがシンプルに、
ゆっくりになっていくことと
つながっているとおっしゃいます。

教えることと学ぶことは同じなので、

早く身につけたい、結果が欲しい、と
近道するかのような発想ではなく、

結局は遠回りのようで、
一番近いのは

ゆっくりと
シンプルなことを
繰り返すこと・・・らしいです。

先日、府中市(広島県)にある岳山に登る際、

一緒に行った友人は普通の道を、

私はショートカットだけど、
岩の間をロープにつかまり抜ける道を
選びました。

100m先で合流とあったのですが、
どちらが早く着いていたでしょうか?

はい、その通り!
普通につづれ織りの道のりを
登って行った友人でした。

急がば、回れ、ですね(笑)

★★★今回のホーム・ワーク★★★

シンプルな実践で、
思い出していただきたいのは、

やはり
重力と大地、の存在を
思い出すこと、でしょうか。

即効性もあるけど、
すぐ忘れてしまうもの、
でもありますね。

今、周囲を見渡していただくと
棚やテーブルの上などに
置かれたものたち、

それらすべてを禅マスターだ、と
ブルースは言います。

”座る”ことにかけて、
何もせず、静かに、
重力と大地との関係において、
余分なことをしていないからです。

その”もの”たちを師として
今回は自分と大地との関係を

シンプルに
繰り返し
思い出してみましょう。

ENLIGHTEN公式メルマガ

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』からのエッセンスを交え、ワンポイント・レッスンをお伝えしています。


「動きのトリートメント」体験版

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』から、動きのエチュードをたくさん取り入れたコースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください