体験レッスンご希望の方はこちらから

あなたの中に眠っている才能を思い出すために

【2022年5月14日配信】

最近、私はものづくり(縫物)にはまっています。

かつて、無から有を生み出すことに魅力を感じ、
服飾デザインの勉強をしていたことがあったのですが、

その過程ではからずも
「想像力がない」「下手くそ」などと
教える立場の美大から来た講師に言われた経験や、

また、共に学ぶ他の人と比較して、

「あ~、私には才能がないんだ・・・。」と
いつしか思い込んでしまっていました。

ところが
自分の才能発見チェックのようなものをやってみると、

「クリエーター」とか、
「アーティスト」といった項目が含まれているのです。

しかも、昨年も同じことをしていて
その時にも含まれていましたが、
なぜか、スルーしていました(笑)

そして、つい先日ある人に
「アレクサンダー・テクニークを教える」こと
そのものがアーティスティックな感じがします、

と言われて、はたと氣づいたのです。

あ~、そういう視点や自分にそんな面があることを
「私には想像力がない」という思い込みと共に
無視してきたことに。

そして、それが自分の身体に、状態に
どのように影響していたのか、
実感できたのは、

ブルース先生のこんなお話からでした。

それは、私たちが身体にある種の縛りのような
パターンを身につける、
そんなきっかけがある、と。

ブルース先生の場合は、
吃音が始まった小学生のころだったそうです。

私の記憶は、大学生になってからのものですが、
それでも効果は同じでした。

もちろん、ひとつだけということはありませんが、
以下の実践をやってみてください。

★★★今回のホーム・ワーク★★★

みなさんの自分に対する思い込みの中で、

私のように
「自分には想像力がない」というような
思い込みをつくるきっかけのストーリー。

他者に聞かされたものではなく、
自分の記憶の中にあるもので、
何か思い浮かぶものがありますか。

そうしたら、
静かに座って、
このように問いかけてみてください。

ブルース先生の場合は、
「吃音が始まる前の私は、
どんな在りようだっただろう?」

私の場合は、
「想像力がない、と言われる前の私は
どんなだっただろう?」

そう問いかけると、
身体を通してこたえがかえってきたでしょうか?

ENLIGHTEN公式メルマガ

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』からのエッセンスを交え、ワンポイント・レッスンをお伝えしています。


「動きのトリートメント」体験版

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』から、動きのエチュードをたくさん取り入れたコースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください