体験レッスンご希望の方はこちらから

あなたの身体に対するイメージ

【2022年7月2日配信】

あなたは、ご自身の身体について
どんなイメージや考えを持っていますか?

背が高い、低い。

痩せている、太っている。

ふくらはぎが太い、ウエストが太い、
二の腕が太い・・・

手が小さい、脚が短い、胸が小さい・・・

高い・低い・太い・細い、長い・短い・・・

これらはすべて比較する対象が必要ですね。
何と比べてそう思うのでしょうか?

そして
姿勢が良くない・・・・

そう思っている人はたくさんいますが、
どういう理由で姿勢が悪いと思っているのか
と問うと、

何となく・・・だったりします。

ブルース先生のおっしゃる
「physical contemplation」

先週ご紹介した「Inlets-to-the-Soul」の
クラスで最後に実施されていました。

今回は、Holyではなく、

This ground,
This space,
This moment,
This body.

でしたが、
最後に、「Holy」という語を使うこともある
と話しながら、

殊に最後の「Holy body」が大切であると
しみじみおっしゃっていました。

西洋の文化では、精神は神聖なるものとされる一方、
身体は単なる入れものと扱われ、
軽んじられる傾向があるからです。

ご自身の身体に対するイメージが、
外からの評価や比較にどれほど影響されているか、
氣づいて、
改めて先の実践をしてみてください。

★★★今回のホーム・ワーク★★★

「physical contemplation」をやってみましょう。

先につけることばは、ThisでもHolyでもかまいません。

ただ、大地があって、
空間があって、
今この時を感じつつ、

身体のことを思うとき、

私の身体はパーフェクトだ、と思ってみてください。

すぐさま否定したくなるかもしれません。
いろんな考えが浮かび、
心がざわつくかもしれません。

それでも、
大地があり、空間があり、今この時、
私の身体はパーフェクトだ、とただ思う。

そうして立ち上がり、歩いてみると、
どんな感覚がするでしょうか?

ENLIGHTEN公式メルマガ

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』からのエッセンスを交え、ワンポイント・レッスンをお伝えしています。


「動きのトリートメント」体験版

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』から、動きのエチュードをたくさん取り入れたコースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください