体験レッスンご希望の方はこちらから

人は自分の理解できないものを変だと言う

【2022年3月5日配信】

あるテレビ番組で、

超ミニマリストの気象予報士さんが出演し、
その生活ぶりが紹介されていた。

ミニマリストとは、
生活に必要最小限のものしか所有しない人
のことなのだが、

彼には、それに「超」の字がつくので、

調理をするのに所有しているのは、
フライパンひとつだけ。

包丁はおろか、菜ばしもない。

だから、長ねぎは自分の歯で噛みちぎり、

炒めものをするのに、
菜ばしの代わりに
別の長ねぎを使っていた。

その映像を見た他の出演者は、

口々に彼を「変なやつ」と呼んでいた。

皆さんも、彼を変な人だと感じますか?

私もさすがに、
かみちぎって口から出す映像を見た時は、
自分で食べるにしてもちょっと、とは思う。

けれど、”変”とは感じない、
ユニークで独創性があるように思う。

人は、自分が理解できないものを
”変だ”と捉えるそうだ。

だから、人間理解能力が低い人ほど、
世の中に”変な人”が多いことになる。

これからのポストコロナ時代には、
もっと大きな変化に対応する必要に迫られる。

他者の行動や考えに対して、
”変だ”と感じた時、
自分の中にどんな”普通という名の信念”があるか
観察してみるのはどうでしょう。

★★★今回のホームワーク★★★

Grace of Senseのコース中、
ブルース先生は、参加者を2人ずつに分け、
お互いの動きをただ見るように言われた。

その際、大切なことは、
相手の方の中に美しさを見ること。

なぜなら
できていないことや、
直した方がいいと思うことを
見つけようとすると

私たちは相手の”部分”にしか
注意が向かなくなるからだそうです。

何かを教えようとか、

何かを直そうとか、

何かを分析しようなどとせず、

ただ相手の中に美しさを見る。

そうすると、相手の全体が見えるのです。

その中にサポートが必要な部分はおのずと
見えてくるものだそうです。

誰かの手助け・サポートをするお仕事の方や
何かを教える人、そうでなくても
他者の中に美しさを見ようとすると、

いつもと何かが変わりますか?

メルマガのバックナンバーはこちら

ENLIGHTEN公式メルマガ

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』からのエッセンスを交え、ワンポイント・レッスンをお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください