アレクサンダー・テクニークの学び方

ハンズ・オン・ワークから学ぶ

アレクサンダー・テクニークは、

ハンズ・オン・ワークという独特のティーチング方法をもっています。

 

ハンズ・オン・ワークを受けることにより、

生徒さんは“不必要な緊張”を手放すという経験を通して学びます。

 

具体的には、どんなふうに”不必要で余分な緊張”をしていたのかを自覚(知覚)できるようになります。(習慣化しているため、多くの人が自覚できていない)

それをくり返すことで、身体感覚が洗練されていき、新しいユース(使い方)を選択できるのです。

 

初めてハンズ・オン・ワークを受けた時、

多くの人が味わったことのないような感覚に驚き、例えばこう言われます。

「腕が長くなった」「腕が軽い」「腕が無くなったみたい」

「身体が軽くなった」「勝手に動き出すよう」

「骨抜きにされたよう」

「氣持ち悪い」

もちろん、これは個人差がありますので、なにも知覚できない人も中にはいらっしゃいます。

それでもハンズ・オン・ワークに応えて身体は変化しています。

 

ただ、そのような変化そのものが重要なのではなく、

「自覚」できるようになることが重要であり、学習してほしいことです。

身体の使い方ではなく、「自分の使い方」であることを学ぶ

ハンズ・オン・ワークを受けて、身体感覚の変化とともに身体の変化を感じられると、
それ自体に価値を見出される方もいらっしゃいます。

しかし、それはあくまでティーチング・ツール(教え方の一つ)であり、
学んでいるのは、

刺激に対してどのような反応をしているか(=自分の使い方)です。

「どのような条件付け(記憶)を持っているのか」

「自分に対してどのような考え/アイデンティティを持っているのか」

無意識化に培われてきたものが、習慣を形づくり、日々の選択に影響を与えています。

 

「私たちは、目の前の出来事を、過去の記憶と織り交ぜて見て、反応している。」

と「すごい無意識」の著者 梯谷幸司さんは、そうおっしゃられていました。

私たちは、目の前にある事実を、”あるがままに”は見ていないのです。

そして、その”見方/考え方”が無意識的・習慣的反応を引き起こすのです。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、

それらに氣づき、反応を選ぶという「自由」を与えてくれます。

そのことが自己決定感につながり、

自分の人生に責任を持つ、主体的に生きることが可能になるのです。

 

施術ではなく、教育/学習

ハンズ・オン・ワークは、

手を使って生徒さんの身体に触れることでもあるので、

いわゆるマッサージや整体のような施術と勘違いされる向きがあります。

ですが、アレクサンダー・テクニークは、「自分の使い方を学ぶもの」でありますので、

施術ではなく、教育/学習です。

ですから、受け身ではなく、
自分で意識的な選択をする、ことに価値を見出される方のためのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください