AT教師の仕事のたとえ話

3サイズ小さい靴を履いている、と思うとどんな感じ?

すごく窮屈・歩けない・痛そう・・・etc.
そんな感想やイメージが浮かびます。

けれども、自分の本来の大きさよりも、
身体を不必要に緊張させて、
かなり小さくしている人は
少なくないのです。

アレクサンダー・テクニーク教師は、
その縮ませた靴を脱ぐのを手助けします。

小さすぎる靴を脱ぐと、
本来の大きさや形が現れてくる・・・。

動きも軽やかになり、
機能性も改善されるだろう。

それが、一番簡単なアレクサンダー・テクニークについての説明かな、と

わが師ブルース・ファートマン先生はおっしゃっていました。

さらに、そのお話がよりリアルな説明になると

The Spell(呪文or魔法)

「だんだん小さくなる~~、小さくなる~~~」という呪文が
靴だけでなく、
シャツもパンツも帽子もベルトも靴にも
かけられているとしたら・・・

それがいきなりだと、とても耐えられませんが、
時間をかけてじわじわと、だんだん小さくなっていくので、

本人が、自分の本来の大きさを忘れ、
小さくしていることになど、氣づかないのです。

そして、どんなふうに小さくなっていくか、ということは

国によってパターンが違ったりします。(文化的な身体)
性別によっても違います。(ジェンダーによる身体)

それ以外にも、
家族
学校教育
生きてきた時代
自分に対する思い込み

様々なものが呪文をかけています。

時間という概念を持つ前の

男だから、女だからと思わされる前の

身体感覚が豊かだったころ

いい姿勢とか、考えなかったころ

そんな身体感覚にもどっていく体験を

呪文によって、
小さくしていた様々なパターンを手放す体験を

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください