体験レッスンご希望の方はこちらから

UseではなくTreatという言葉を使う

【2022年1月1日配信】

年が明け、2022年が始まりました。

 

みなさまにとって素晴らしい年となりますよう

心よりお祈りいたします。寅年

 

 

『The Use of The Self』は

F.M.アレクサンダーの3冊目の著書のタイトルで、

Useとは「使い方」と訳されたりします。

 

ブルース先生は、この「Use」という言葉の代わりに

「Treat」を使うそうです。

 

「Use」つまり使い方は、

実用的であり、機能性/本来の機能を重視している、

 

それに対して「Treat」は、

もてなす、手厚く扱う、というような

日本語に訳されるように

 

”優しさ”や”愛”がそこに含まれているようだから、と。

 

これを聞いたとき、

私との大きな違いと、そして

私に大いに必要な在り方だと感じました。

 

なぜって、

実用的なことが大好きな私、

 

それって、何の役に立つの?

それって、何か意味があるの?

それって、何かに使えるの?

 

という発想が、けっこう根底にあります。

 

だから、身体が機能的にどのようになっていて、

それを知ることだけで、こんなに動きが変わる!

ってスキル/教え方も大好きです。

 

でも・・・、

ブルース先生のワークやワークショップ、

そして

『Grace of Sense』の中では

 

この「Treat」という発想が大きな要素を

占めていることを強く感じます。

 

 

自分を価値あるものとして、扱う。

 

自分を愛情を込めて、扱う。

 

自分を大切なものとして、扱う。

 

そう思うだけで、

何かが変わることを感じられるでしょうか?

 

★★今回のホーム・ワーク★★

みなさんが、

手で触れることが出来るものを、

 

愛おしいものであるかのように

触れてみてください。

 

可愛がっているペットを撫でるような感じで、

コーヒーカップや、

携帯電話を撫でてみると、

 

あるいは、

手で包んでみるだけでも良いのです。

 

スキルやテクニックではなく、

 

ただそう思う、ということが

どれほど皆さんの状態に影響するのかを

感じ取れますか?

 

メルマガ登録はこちらから

ENLIGHTEN公式メルマガ

ENLIGHTEN 公式メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください