アレクサンダー・テクニーク

パラダイム ~見方が変われば世界が変わる~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パラダイムとは、世界を見る見方であり、
私たちの認識、理解、解釈を決めるものである。
 7つの習慣では、パラダイムを地図と現地を使って説明しています。
地図と、地図が示している現実の場所そのものとは、
同一ではない。
地図は、現実のいくつかの側面を表現しているにすぎない。
パラダイムはそれと同じようなものだ。
つまり、パラダイムはある現実についての理論、説明、
またはモデルのことである。
この地図と現地の例えを、
アレクサンダー・テクニークを日本に紹介した
京都精華大学名誉教授 片桐ユズル氏の「一般意味論」の中で
私は聞いたことがあります。

「地図は、現地ではない。
地図は現地のすべてを表せない」

一般意味論では、私たちは往々にして、
自分のパラダイムと現実を同一視してしまい、
しかもそれを自覚すらもしていない、という場合が多い

と聞いて、
確かに私自身も本当にそうだとな、
と思ったのを覚えています。

アレクサンダー・テクニークは、
身体感覚を磨いていく
(※具体的には、じぶん自身の使い方、
~自分が何を考え、感じ、
どのようにじぶん自身を使っているのか
を自覚していく~)過程で、

ご自身の持つパラダイムに氣づき、
それをやめるか、続けるかの選択する機会を
与えてくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*