人生には「やらねばならない」ことなどない

「~ねばならない」を優先していた!

2005年アメリカでロビン・アヴァロン先生のクラスに参加している時、

ハッと気づいたことがある。

私は、仕事だけでなくプライベートの場でさえ、

「~ねばならない」ことは何か?という考え方をしていた。

 

私のやりたいことは何か?という問いではなく、

私のすべきことは何か?と自分に問うていたのだ。

 

前職を辞す前、教員仲間を参加者として

ロビン・アヴァロン先生のワークショップを

地元で開催したとき、

「何をしている時が一番楽しいですか?」

というロビン先生の質問に対し、

仲が良く、尊敬する同僚であった人が

「わからない」と答えた時にも衝撃を受けたのだが、

 

私もだったのか・・・、

”ねばならない”ことに注意を向けている時は、

”したい”ことは後回しになっている。

そうしているうちに、”したい”ことが自分でも分からなくなっていくようだ。

 

それから10年以上たった今、

人生には、「やらなければならない」ことはなどない

というある人の言葉にハッとさせられた。

 

改めて、その前提に立ち、自分の考え方・思考の習慣を見直したいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください