ENLIGHTEN

マインドフルネスとアレクサンダー・テクニーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインドフルネスに興味を持った理由

まず最初に、

Googleの研修プログラムとして注目されていること
※参考記事:「グーグルが本気でマインドフルネスに取り組む理由」文春オンライン

それから

いわゆる「瞑想」であろうとなかろうと、

WillPowerを培う?総量を増やす?のに効果的だと

聞いた(読んだ)ことから、

いずれにしても実践したいと思っていたからです。

 

そこで最初に手にした?入手した本は、

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』 チャディー・メン・タン著

副題は、仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

書籍名は、そのまま同社の研修プログラムの名前でもあり、

 

単にマインドフルネスだけの実践方法にとどまらず、

「成功と利益」に深い関係があるとわかっていたEQ(情動知能)と

組み合わせた内容である、そしてなぜそうしたかが

『世界平和のための条件と整えること』
(※上記、参考記事より)

というのがカッコイイと思ったからです。

アレクサンダー・テクニークの言語化しにくさを補う

なぜ、私がアレクサンダー・テクニークに惹かれたのか、

それは単なるボディワークではないから。

施術ではない、

身体だけを扱うのではない、からです。

 

でも、それはどういうこと?と聞かれると、

どうしてもスピリチュアルな感じや

ニューエイジ的な思想を持ち出したような

表現になってしまう、というのが

言語化しにくかった部分でした。

けれど、Googleで研修プログラムとして行われるそれは、

エンジニアの方がそのプログラムを教えるということで、

〇 何であれ科学的な基盤のないものを教えたりできない

〇 エンジニアリングの頭で、瞑想の伝統的な言語で書かれた教えを、私のように極端なまでに実際的な人間でも処理できる言葉に翻訳。

参考にさせていただきたい表現がたくさんあるようです。

といっても、これだと理解できて、
どうしてこれだとわからないの?と思う部分もありますが^^;

サーチ・インサイド・ユアセルフのエクササイズを実践してみて

アレクサンダー・テクニークを実践していると

結局、それを極めたら悟りの境地に至ってしまうのでは?

と思えてしまうのも、

身体感覚に注意が向けられていたら、

呼吸に向けているのと同じく

「ビー・ヒア・ナウ」で居られるからだと

わたし自身は感じています。

それでも、EQを高めるという意図も含まれる

サーチ・インサイド・ユアセルフをわたし自身が実践し、

アレクサンダー・テクニークと相性の良い、

あるいは共通点を見つけていけたら、

ENLIGHTENが目指す、

自分の光を輝かせよう

つまり、自分らしさを見つけることにつながるのではと感じ、

それについての記事を書いていくことにします。

サーチ・インサイド・ユアセルフの実践・書籍から学んだこと

幸せなのは、心の基本設定状態

注意とメタ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*