体験レッスンご希望の方はこちらから

主体と客体?、主体と主体?

【2022年3月12日配信】

ブルース先生のワークショップでは、

本当にたくさんのイメージやメタファー(比喩)、
もし~だったら、という設定で行ってみる、
ということをやってみる機会があります。

どれもシンプルなのですが、

驚くほど参加者の方たちに
変化が現れますし、
わたし自身も感覚の違いにも驚きます。

でも
あまりに簡単にできることの問題点は、

やらないことも簡単。
忘れることも簡単。

そしてそれには
それがなぜそんなに変化を起こすのか、
本質が理解できていない、
いうこともあるかもしれません。

おすすめの「もし~だったら」に

★★★★★
もしあなたが触れているものが
神経を持っていて、
あなたに触れられているのを
感じているとしたら?
★★★★★

というのがあります。

これについて、
少し説明をしてみます。

●主体と主体というのは、IとYouの関係

●主体と客体というのは、Iとitの関係

だとすると、

主体である私は、
Youとの関係の時と、
itとの関係の時では違うそうです。

どう違うのか?

物であれ、人であれ、
itのように扱う時、

私(主体)もitのように無感覚で
”物質的””機械的”になります。

一方、
物であれ、人であれ、
Youとの関係で在る場合、

私(主体)も感覚が目覚め、
じぶん自身を丁寧に扱い、
より私らしく在ることができます。

『物を乱暴に扱うには、
自分を乱暴に扱わなければならない。
もし、相手を乱暴に扱わないと決めたら、
自分を乱暴に扱うことはできない。』

★★今回のホーム・ワーク★★

今週は、今回の説明を参考に

「もしあなたが触れているものが
神経を持っていて、
あなたに触れられているのを
感じているとしたら?」

をやってみましょう。

手で触れるPCやスマホ、
カップなどだけでなく、

立って歩いているあなたの足を
床や畳が感じているとしたら?

座っている椅子が
あなたが立ちあがる動きを
感じているとしたら?

など、いろいろ楽しんで
試してみてくださいね。

メルマガのバックナンバーはこちら

ENLIGHTEN公式メルマガ

師であるブルース・ファートマン先生のオンライン・コース『Grace of Sense』からのエッセンスを交え、ワンポイント・レッスンをお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください