Robyn Avalon ロビン・アヴァロン

創始者 ロビン・アヴァロンとは

リビング・イン・ア・ボディ
「からだをナチュラルに使うためのユーザーズガイド」の創始者であり、
世界各国でこれを教えている。

アレクサンダー・テクニークの教師養成プログラム三校の創立時からのディレクター。

30年以上におよぶアレクサンダー・テクニーク経験を持ち、
世界各地でプロのパフォーマーやアーチスト、オリンピック選手、
乗馬者、美術家、彫刻家、科学者、エンジニア、医師と共にワークをする。

根拠地であるニュー・メキシコ州サンタフェで個人レッスンも教えそれとともに、
米国、カナダ、ヨーロッパ、日本の各地で教師養成修了者を対象としたワークショップも開催している。

ロビン・アヴァロンの最新の情報はこちらのサイトから

クレニア・セイクラル・セラピーと、
個人の成長過程においてイメージを使う深遠なセラピーであるパーソナル・トーテム・ポール・プロセスの認定を受けており、
フェルデンクライス、ボディ・マインド・センタリング、ピラティス、フィジオ・シンセシス、ソマティクス、ホロトロピック・ブリーズワーク、エクスペリエンタル・アナトミー、太極拳、ダンスなどから、様々な動きの芸術やセラピーを習得。

教師として以外に、プロの演劇監督、振付家として、
さらに、ニュー・メキシコで自ら主宰するタップカンパニー“ Soled Out! ”で
パフォーマーとしても活躍している。