歩く時や座るときなど、膝関節はとても大切ですよね。

ですが、膝のまがるところを誤解している方がけっこういらっしゃいます。

下の図をご覧ください。

膝がまがるところ

膝がまがるところ

お皿の下のところで曲がっていますね。

けっしてお皿の後ろ辺りが曲がっているわけではありません。

 

そしてもう一つポイントがあります。

膝は、ひざ裏の筋肉を縮めて曲げているのではなく、
ももの骨(大腿骨)の末端の周りをひざ下の骨(脛骨)が
回転するようにスライドして曲がることです。

必要以上にひざ裏の筋肉を縮めてしまうことが、

骨盤を後傾させたり、

かかと体重になる原因となっています。

ご自身で上の図の矢印が指している辺りを、

両手でわっかをつくるようにつかんで動かし、
その動きを確認してみてください。

それから、歩く、立つなどやってみてください。