アレクサンダー・テクニークで、

頭は前に上に、って言いますが、

私は一体どこがどう前に上になのか、

よく分かりませんでした。

 

ハンズオンワークを受けて、

頭はどっちに行きましたか?と聞かれ、

頭全体としては背骨に対して後ろに行ったように感じたのに、

それは前だ、と言われたからです。

 

下の図を見て下さい。

頭の方向性

赤い矢印、黒い矢印で示している辺りが、

前に、上に(黒い矢印)と、

後ろに、下に(赤い矢印)と

となると聞いて、やっと納得しました。

 

実際には、トップジョイントの関節で

丸い関節面をスライドする動きなので、

前に上に、と同時に起きるわけです。