以前、なんちゃって肘について書いたのですが、

それを改善するにはどうすればよいのか、
を理解していただくために

まずは、今の時点で私がそう理解している
なんちゃって肘になってしまう理由を説明してみます。

下の図をよく見てください。

小指側とつながる尺骨と橈骨が上腕とどのように接しているのか、
あるいは繋がっているのか。

尺骨と橈骨の長さの違いや、上腕骨との関係

尺骨と橈骨の長さの違いや、上腕骨との関係

上腕骨としっかり繋がっているのは、小指側の骨、つまりは尺骨です。

一方、親指側の骨、橈骨(とうこつ)は、上腕に接してはいますが、力が伝わるようにはなっていません。

ところが、なんちゃって肘になっている方たちは、
まるで、橈骨側こそが上腕と繋がっていて、
力が伝わっているかのごとくに動いておられます。

親指側(親指・人差し指・中指)をメインに使っておられ、
逆に小指・薬指の側は、添え物のように扱うか、使っていない状態です。

これこそが、私が考える”なんちゃって肘”になる一番の理由です。

そうすると、何が起こるかと言うと
骨構造として繋がっていない部分の代わりに、
筋肉がその役目を果たさざるを得ない、ということになります。

当然ですが、筋肉はそのような役目のためにできていません。

骨の役目を肩代わりするため、
必要以上に収縮され、固められた筋肉が、
その他の部位、多くは肩・首周辺の筋肉も固め、
結果として可動域に制限をかけてしまうのです。

肩こり・首こりになっても不思議ではありませんよね?

また、一番の問題は、頭と首(背骨)の関係に、制限をかけてしまうことです。