自分を再認識し、自分の本質とは何かに目覚めていくプロセス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 身体の構造に対する思い違い

身体の構造に対する思い違い

膝のまがるところ

歩く時や座るときなど、膝関節はとても大切ですよね。 ですが、膝のまがるところを誤解している方がけっこういらっしゃいます。 下の図をご覧ください。 お皿の下のところで曲がっていますね。 けっしてお皿の後ろ辺りが曲がっている …

なんちゃって肘になる理由

以前、なんちゃって肘について書いたのですが、 それを改善するにはどうすればよいのか、を理解していただくために まずは、今の時点で私がそう理解しているなんちゃって肘になってしまう理由を説明してみます。 下の図をよく見てくだ …

肋骨は呼吸とともに動いている

  肋骨の動きを感じたことがありますか?   肋骨が動くと思っていらっしゃらないからか、 呼吸とともに動いているはずの肋骨が、 あまり動いていない感じの方も少なくありません。   そうすると …

恥骨は腰痛の救世主?!

恥骨は、現代人にとって特に重要な部分だと私は考えています。 骨盤が後ろに傾き、いわゆる腰が引けている人が 昔よりも目につくようになったと感じるからです。   骨盤が後傾すると、 背骨が一番身体の中心部分にまで前 …

下を向くってどうやってる?

上を見上げて、 それから下を見下ろしてみてください。 本来ならば、同じ関節の部分を動かしているはずですが、 みなさんはいかがですか? 背骨の一番上の椎骨と、二番目の椎骨は 頭を動かすための特別な形をしています。 一番上の …

私がひざを脱臼した理由

高3の春、バスケ部の練習中に、 私は左ひざを脱臼しました。 誰と接触したわけでもなく、自分でシュートをうったあと、 片足で着地した時にです。   次は社会人になった20代の半ば、 バドミントンをやっているときジ …

背骨は背中に沿っていない?!

下の図を見てください。 背骨が腰椎部分でいかに前にあるかがわかりますか? 身体の厚みの半分を占めるほど、 大きいものであることも。 また、仙骨部分がいかに後ろに大きく後湾しているのか。 骨盤の中に内臓が入るスペースのため …

足指ってとっても長いんですよ。

足指の関節は、手指と同じ数だけあります。 ※図をクリックすると大きくなります。 関節になっていて、動きが起こるのには理由があります。   頭の重さは背骨を通って仙骨上部で骨盤~股関節で両脚に分かれ、 足首まで降 …

顎(あご)は、どんなふうに動いていますか?

顎(あご)は、どのように動くイメージを持っておられますか? 正面から鏡で顔を見ていると、顎は頭の一部、もしくは頭の下側の部分だと錯覚してしまいますね。 同じ理由で、顎の下から首が始まっているというイメージを持っておられる …

トップジョイント(頭と背骨の出会っている関節)

下の図を見てください。 頭蓋骨を側面から見たものです。 多くの人が、毎日鏡で正面から顔を見ていると、 知らず知らずのうちに、なんとなく顎の下あたりから首(つまりは背骨)が 始まっているかのような認識となり、それをもとに動 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © ENLIGHTEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.