ENLIGHTEN

2018年3月24・25日 ブルース・ファートマンと学ぶアレクサンダー・テクニークWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンズ・オンの写真

EMBODY

~アレクサンダー・テクニークを通して体現する
マインドフルネス~

embodyとは、(思想・感情などを)具体的に表現する、具体化する、体現する、あるいは(精神に)形態を与える、という意味を持つ他動詞です。

私の体験から、
ブルース・ファートマン先生のハンズ・オン・ワークを受けて
経験する感覚を言葉で表せと言われれば、
”今、ここに目覚めている”
いわゆる、マインドフルネス状態なのです。

ただ、ブルース先生的には、
embodyという方がピッタリくるそうで(笑)
その言葉をそのままタイトルにしました。

「今、ここにいる」って何?と考えても仕方がありません。
考えることをやめて、実践してみれば、
あるいは経験を重ねていくとその意味は深みを増していきます。

”分かる”や”理解する”ためにも、
学んだことをembodyしていくことではじめて
それらが”身について”いくのだと思います。

ブルース・ファートマン先生を始めて広島(福山市)にお招きしたのは2012年でした。
振り返ってみると、
テーマを毎回変えているようで、結局はこの一つ、

embodyの状態にあれば、
人々の顔が輝き、
自分じしんを好きでいられて、
Wishとともにあり、
自分であることに喜びを感じる・・・

つまり
”自分の光を輝かせる”ことにつながるようです。

詳細

と き:2018年3月24日(土)・25日(日)の2日間
(※両日とも10:00~16:30)

ところ:まなびの館ローズコム 4F中会議室
    福山市霞町一丁目10番1号(JR福山駅より徒歩13分)

参加費:30,000円(2日間)

講 師:ブルース・ファートマン
アレクサンダー・アライアンス(日本・アメリカ・ドイツ他)AT教師養成校の統括ディレクター。
後進の教師を育てることに尽力しつつ、
アジア・ヨーロッパなど様々な国の人たち(主に音楽家・セラピスト・アスリートなど)にも招かれ、教えている。
”身体”ではなく、”人”に触れている、というそのハンズ・オン・ワークは、
繊細かつダイナミックに受ける人たちの心身を解放し、本来持っている可能性の大きさを教えてくれる。

申込

コメントを残す

*